文具の博覧会

もう終わってしまったイベントの話題で大変恐縮ですが『文具の博覧会』行きました。

文具好きの友達と二人で行ったのですが、なんとな~く9時に待ち合わせ。
最初にホームに入ってきた電車に乗り、あれこれおしゃべりしながら歩いて『藤崎百貨店』へ。
入り口を入ると、あちらこちらで「いらっしゃいませ」と頭を下げられ、開店直後であることに初めて気が付く。
ちょっと照れながら、7階催事場へ。

この友達とは結婚してご近所になり、お互いの次女が同級生ということもあり仲良くなりました。
図書館や美術館に一緒に出掛ける、一番の友達です。

気が合う友達ではあるのですが『好きポイント』がちょっと?かなり?違うので
美術館も図書館も入り口で別れ、何時に戻るかを決めて別行動というちょっと変わった二人です。

私は入り口から左手に、彼女は直進でいざ、ワクワクの会場へ。

かつては『ほしい!』と思ったものはすぐに買っていたけれど、還暦がすぐそこに見えてきたこの頃は『一年後に要らなくなるもの、ゴミになるものは買わない』ことにしています。
その基準でものを買うようになって、だいぶ無駄使いが減りました。

この日の予算は一万円。
会場を3回から4回、ぐるぐる回り、取捨選択の末14点9,658円の買い物。

めでたく、毎日先着150名4400円以上の買い物でもらえる『文具の博覧会オリジナルマルシェバック』も手に入れ、ハッピーな一日でした。

小学生もおばあちゃんも、文具はみんなが毎日のように使うほんとに身近なアイテム。
機能さえ備わっていればなんでもいいという人も多いです。
でも、毎日使うものだもの『好き!』って思えるものに囲まれていたいです。
他のホットイン石巻のスタッフも、それぞれこだわりの文具を使っていますよ。